東南アジア

タイガーキングダムでトラと写真を撮ろう!行き方・費用【徹底調査】@タイ・プーケット

こんにちは、とりっぴーです!
みなさんは、トラと近くで触れ合ったことがありますか? とてもじゃないけど、普段 トラを触るなんてことは出来ないですよね。
実はタイのプーケットには、トラと触れ合ったり 一緒に写真を撮れちゃう、ものすごい場所があるんです!
今回は、そんな衝撃的なタイガーキングダムに実際に行った感想と、行き方・費用などをご紹介します。

タイガーキングダムとは


タイガーキングダムとは、タイのプーケットにある トラと一緒に写真を撮ったり、触れ合うことが出来る施設です。園内には大・中・小 のトラがいます。

トラは襲ってこないの?

トラと触れ合うと聞くと、襲われるんじゃないかと結構心配ですよね。 私も 最初は かなり怖かったのですが、きちんと注意事項を守れば 襲われることは なかったです。
トラに近づく際には、係員が横に付いていて、事故が起きないように 制御する棒を持っています。なにかあれば大きい音を出してトラを威嚇してくれます。←トラさん ちょっとかわいそうでしたが、事故を防ぐ為には仕方ないですね。
トラの顔の方面から近づかない・大きい声を出さない・派手な色の服を着ない ・フラッシュを焚かない などの注意書きがたくさんあるので よく読んでルールを守り、係員の指示に従いましょう。
心配な場合は、小トラを選ぶといいと思います。

タイガーキングダムの場所



118/88 Moo 7, Kathu, Phuket, Amphoe Kathu, Chang Wat Phuket 83120 タイ
タイガーキングダムの場所は、タイ プーケットのバトンビーチから車で10分程の場所にあります。

タイガーキングダムの行き方

タイガーキングダムへは、トゥクトゥク・タクシー・レンタルバイクなどで行くことが出来ます。
私は、その他にもプーケットを観光したかったので、1日バイクをレンタルしました。バイクは だいたい 200B ~ 借りることが出来ます。
たまに、法外な値段を吹っかけてくる時があるので そういう時は「高いね、じゃあ他で借りるから いいや」と言いましょう。値段を下げてきます(笑)
プーケットは、バンコクの様に交通量が多くないので 比較的運転しやすいと思います。
レンタルバイクをするときは、パスポートを担保として預けるので 忘れないように持参しましょう。また、念のため 国際免許も持参しましょう。
【国際免許証】留学・ワーホリ・旅行に行くなら必需品!取り方ガイド

個人手配が不安な方は、ツアーに参加するのをお勧めします。
プーケットと検索すれば、お好きなものを選べます。→ JTB

タイガーキングダムの営業時間・費用


営業時間:9:00〜18:00    定休日:なし
レストラン営業時間:8:00〜18:00 

トラの大きさ  身長 / 年齢制限 値段
最小 身長90cm以上 1300 B
 16歳以上 900 B
16歳以上 900 B
17歳以上 1000 B

公式HPより。
私は、大きいトラと触れ合えるなんて ココでしかできない!と思ったので 大きいトラにしました。結果的に、いい思い出が出来たので 大きいトラにして良かったなと思います!
トラさんは夜行性なので日中はとても眠そうにしており、それでも最初は結構怖いですが、係員が付きっきりで いてくれるので大丈夫でした。
タイガーキングダムには、ギフトショップとレストランもあるので、トラと触れ合った後は ゆっくりお店を見るのも楽しいですよ。

        

 

タイガーキングダム ギャラリー

こんな感じで、トラさんはとっても眠そうです。一緒に添い寝をしてみました。
  
凛々しい顔がとってもカッコいい!この檻には2匹のトラさんがいて、交互に写真をとらせてもらいました。トラさんありがとう!


↓係員の方が、カメラ貸してー!!といって、小トラちゃんを撮影してくれました。あくびしている顔が、すっごいかわいい~♡ さすが、撮影の仕方が上手すぎます。

お昼寝中のベストショットも撮ってくれました。とろける~♡
 
つぶらな瞳がたまりません。

こんな感じで、タイガーキングダムは注意事項をきちんと守れば トラさんと楽しく触れ合うことが出来る、タイならではのエキサイティングな観光スポットになっています。
皆さんも プーケットに行くなら、是非 行ってみてはいかがでしょうか?

【関連記事】
海外に行くなら、無料保険を賢く利用しましょう!
【完全保存版】海外渡航で年間26万の保険料を無料にする裏技
過去記事:海外航空券・ホテルを自分で予約する方法!【驚愕】こんな安いの?!
プーケットのホテル・バックパッカーの予約はこちら→【Booking.com】  
プーケット行き 航空券の最安値予約はこちら→スカイチケット
プーケットについて調べたい方はこちら→【TripAdvisor】
個人手配が不安な方は、ツアーに参加するのがおススメです→ JTB
私がこの写真撮影に使っている一眼レフはこちら NIKON D5300
レンタカー最安値はこちら→レンティングカーズ

国際免許【国際免許証】留学・ワーホリ・旅行に行くなら必需品!取り方ガイド

 

error: Content is protected !!