ベトナム南北横断!オープンバスで女一人旅③ニャチャンでダイビング&島巡りツアー★料金・行き方

こんにちは、とりっぴーです!

今回は、【オープンバスでベトナム南北横断】の第3弾です。


オープンバスについてはこちら→【ベトナム南北横断】オープンバスチケット買い方・乗り方【完全攻略】 icon-external-link 



前回のムイネーから深夜バスに乗り、ニャチャンにやって参りました!

ニャチャンは、アイランドホッピング(島めぐり)やダイビング、マリンアクティビティなどが出来る ベトナム随一のリゾート地になっています。



今回も、運命の出会いがあり とても楽しい旅になったので、ツアーの詳細と共にご紹介致します。

それでは、どうぞ!

ムイネーに別れを告げ、次の都市 ニャチャン行きのバスへ。そこで待っていたのは・・・?!

ムイネーについてはこちら

【ベトナム南北横断】オープンバスで女一人旅②ムイネーⅠ 殺されかけた?!深夜の恐怖 icon-external-link 

【ベトナム南北横断】オープンバスで女一人旅②ムイネー Ⅱ ツアー行き方・料金 icon-external-link 



ムイネーで出会った仲間たちとの楽しい宴を 一足先に抜け、ニャチャン行きの深夜バスに乗る為にバス停へと向かいました。

辺りは 真っ暗で、 お店も閉まっていましたが、【ニャチャン行きのバス停は ここのお店】と言われたので お店の外の椅子に座って待っていました。

しかし待てど暮らせど、バスは全く来ず 1時間が経過しました。



もう行っちゃったのかな?どうしよう、バス停の場所が違ったのかな?



そんなたくさんの不安が積もりに積もった頃、ようやくバスが来ました。

ベトナムでは、こんな感じで全てがユルユルなので 心の準備をしておきましょう(笑)



安心して バスに乗りこむと、なんと少し前まで ツアーを一緒に回り、楽しく宴を交わしていた、イギリス人のニックが乗っていたのです!



彼は 私が帰る時にも まだ楽しく宴を交わしていたので、てっきり ムイネーに滞在するのかと思いきや、正確なバスの時間を知らされていたらしく 同じバスに乗っていたのです。

1時間も待った私って一体・・・これぞベトナム。



そんなこんなで、ニャチャンは ニックと一緒に観光することにしました。

世間て、本当に狭いですよね!


ニャチャン アイランドホッピング (島巡り)行き方・料金


ニャチャンには早朝に到着したので、まずツアーを決めることに。

ツアーデスクは色々なところにあり、早朝から開いているので 当日でも申し込むことが出来ます。ベトナムの朝は本当に早い!

いろいろなデスクを回って、料金やプランを比較するといいと思います。



リゾート地だけあって、様々なツアーがありましたが、私達は3つの島を巡るアイランドホッピングをすることに。

途中でダイビングもできるとの事で、私はダイビングもすることにしました。



料金はランチ・シュノーケル道具 込みで400~600円程と激安です。


他にも マリンアクティビティをしたい人は、別で料金を支払います。

3つの島をめぐり、シュノーケルも出来て ランチも込みでこの値段は安いですよね!

ゆったりと、極上の海を楽しむことが出来るので とてもおすすめです。



個人手配が不安な方は、ツアーに参加するのがおススメです→ JTB 


ニャチャンでは、ダイビングも出来ちゃう!


ニャチャンでは、ダイビングも楽しむことが出来ます。



ダイビングのライセンスについての記事はこちら↓

【種類・費用も公開】ダイビングの資格取得で変わった私の人生観【海は広いな大きいな】 icon-external-link







初心者向け【ダイビング】PADI オープンウォーター取得の流れ icon-external-link 

【ダイビング】PADIアドバンス取得の流れ【ナイトダイビングも出来ちゃう!】 





ダイビングの料金は、1ダイブ 2000円程。


 icon-check-square-o ダイビングのライセンスを持っていなくても、インストラクターが支えながら一緒に潜ってくれる 体験ダイビングも出来るので、試してみるのもいいと思います!




ファインディング・ニモに出てくる、ニモの学校みたいなサンゴもあります♥

本当に こんなふうにサンゴの上から はみ出ることなくプカプカ泳いでいるんですよ!不思議ですよね~!

 まるで 映画のように、サンゴの上で授業を受けているように見えます。とっても可愛いー!!



ファインディングニモを無料で視聴するならここ→ 31日間無料お試し!U-NEXT icon-external-link 




トゲトゲ~~!ウニもたくさんいます。



色鮮やかな イソギンチャク! 海の中って、カラフルで本当に綺麗なんですよー!




海の中から見る太陽も、とっても神秘的です。



あなたも是非 ダイビングしてみてはいかがでしょうか?

ニモの世界を味わうことが出来ますよ!



ファインディングニモを無料視聴する→U-NEXT icon-external-link 





アイランドホッピング ツアー詳細

アイランドホッピングでは、モッ島・タム島・ムン島の3つの島を順番に周ります。



途中でシュノーケルをしたりランチをしたりしながら、1つの島で2~3時間 休憩するので、かなり ゆったりとした時間を過ごすことができ、とても良かったです。



40人で食卓を囲む?!ワイワイ楽しい 船上ランチ会


島でゆっくりした後は、お待ちかねのランチタイムです!

船の中で、大きなテーブルを囲んで 皆で仲良く頂きます。




ツアー参加客は、40人を超えるので、食事の量もすごいですね。

皆でワイワイ 食卓を囲んで一緒に食べるのも すごく賑やかで楽しかったです♪



食事は、チキン・ポーク・フィッシュ・卵料理・ライス・フルーツと いろいろな種類を食べられるので 好き嫌いがある人でも安心です。

私は苦手なものがなかったので 全部食べましたww



完全 地獄絵図!! 日本人 KARAOKE ショータイム

ランチのあとは、お楽しみショータイム。

お酒も販売しているので、飲みたい人は自由に飲みながらショータイムを見ることが出来ます。

スタッフの人が 女装して歌い始めるなど C 級のパフォーマンスを披露してくれて、楽しいひとときを過ごしましたw

が、それも つかの間の幸せ・・・。

やりつくされ、手垢のついた C 級パフォーマンスが終わり 手持ち無沙汰になったのか、それぞれの国から観光客を指名して 歌を披露するように仕向け始めたのです・・・



げ・・・まじかよ。

私は、いやな予感しかしませんでした。



中国人、韓国人、フランス人、と順番に指名された国から代表が前に出てKARAOKE を披露するという 観客参加型 アミューズメント・・・

女装したスタッフのおっさんが

「次は ジャパーーーン!日本人の人 手あげて!」

と、雄叫びをあげました。



はぁ・・・やっぱり来たか。

このツアーでは、ほとんどがヨーロピアンの観光客で アジア人は2割ほど。



日本人に関しては、私ひとりでした。

ニックが私の方を見て 「 go! go! 」とノリノリでコールしてきたので 仕方なしに手を挙げて前へ出ることに。



軽く自己紹介をした後、

「日本人といえば この曲! SUKIYAKI SOOOOONG!!!!!!!!」



と C 級 DJ の掛け声とともに 坂本 九さんの「上を向いて歩こう」が流れ始めたので歌うハメに。






今日初めて会った40人越えの外国人を前にして マイク片手に一人 カラオケを披露したのでした。

C級 スタッフが 当たり前のように隣に立っていて、歌っている最中も ずっとぴったり横に付いているというカオス。



誰得ですか、コレwww

あぁ・・・恥ずかしかった。



地獄絵図 以外の何物でもありません。



ツアーに行く際は このような状況になる場合がありますので、いやな人は雲隠れしましょうwww







エメラルドグリーンの海でシュノーケリング

地獄絵図が無事終了したところで、自由時間に。

こんな素敵な海で、思う存分シュノーケルを楽しむことが出来ます。

透明度も高いので、上からでも魚をたくさん見えました。







まとめ:ニャチャンは日帰りでも十分楽しめるリゾート地


今回は、他の都市に多く滞在したかったので ニャチャンへは宿泊せずに日帰りで立ち寄ったのですが 、日帰りでも十分楽しめる 素敵なリゾート地でした。



偶然にも、イギリス人 ニックも この後ホイアンへ向かうとのことで、このまま一緒に旅を続けることにしたのでした。



次回は世界遺産の街 ホイアンをご紹介致します!

お楽しみに★





ファインディング・ニモを無料で視聴するなら→ 31日間無料!U-NEXT icon-external-link 

【関連記事】

↓海外に行く際は、必ず保険を付けましょう。こういう事が起こります。

【保険は命】海外旅行 盗難事件簿。被害後にするべき3つの事 !

↓まだ海外保険にお金を払っていますか?無料にする方法はこちら

【完全保存版】海外渡航で年間26万の保険料を無料にする裏技

↓個人手配なら、こんなに旅費を安くすることが出来ます。

海外航空券・ホテルを自分で予約する方法!【驚愕】こんな安いの?!

ベトナムのホテル・バックパッカーの予約はこちら→Agoda

ベトナムの航空券の業界最安値予約はこちら→skyticket.jp

ベトナムについて調べたい方はこちら→【TripAdvisor】

個人手配が不安な方は、ツアーに参加するのがおススメです→ JTB 
私がこの写真撮影に使っている一眼レフはこちら NIKON D5300

海外レンタカー最安値はこちら→レンティングカーズ


最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
参考になりましたら、
ぽちっとお願い致します★

にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

いつもクリックありがとうございます(*^^*)

error: Content is protected !!