【ベトナム南北横断】オープンバスで女一人旅②ムイネーⅡツアー行き方・料金

こんにちは!とりっぴーです。

今回はベトナム南北横断 第2段 ムイネー編になります!

ムイネーは ベトナムの旅でも 1,2位を争う楽しさで、

国境も、狭い視野も すっ飛ばす程の、最高の友達が出来た 素晴しい土地です。



今回は、そんな素敵な場所 ムイネーのおススメ観光ツアーをあなたにご紹介いたします。



バスの詳細についてはこちら→【ベトナム南北横断】オープンバスチケット買い方・乗り方【完全攻略】 icon-external-link 



後編は、ムイネー到着後、最安値で予約したホテルで出会った女の子と、ムイネーの極上ツアーについてお話していきます。

それではどうぞ!





前編はこちら→【ベトナム南北横断】オープンバスで女一人旅②ムイネーⅠ殺されかけた?!深夜の恐怖 icon-external-link 



最安値ホテルで、運命の出会い


↓ホテル・航空券の予約方法はこちら

関連記事:海外航空券・ホテルを自分で予約する方法!【驚愕】こんな安いの?! icon-external-link 




ということでハプニングを乗り越え、深夜に無事ホテルに到着し、就寝。

翌日、私は タオルを顔全面にグルグル巻きにして寝ていた、ミイラ少女の起床の音と共に目覚めました。

「Good morning!  Sorry… I got here in mid night. Did I wake you up last night?」

(おはよう! ごめんね、昨日 深夜に到着したんだけど、私の物音で起こしちゃったかな?)



タオルを顔にグルグル巻きにして寝ていたのは、私が深夜にチェックインして うるさかったからかな?と申し訳ない気持ちがあったので、彼女に謝りました。すると、

「来たことに全く気づかなかった。起きたら あなたがいたからビックリしたわ!」

との答えが返ってきたので、ミイラ就寝スタイルは私のせいじゃないことが分かり、安心しました(笑)



彼女はフランス人の女の子 ミランダちゃん 19歳。 ベトナムへは一人で旅をしに来ていました。

お互い一人旅で 今日の予定は何も決まっていない とのことだったで、一緒にツアーに行こうと誘い、さっそく申し込む場所を探しに行くことにしたのでした。

ムイネー着いたら、ツアーを申し込むべし!料金・内容





ホテルを出ると、昨夜の恐怖とは打って変わって、道路にはたくさんのお店がオープンしていました。

昨夜の出来事はこちら→【ベトナム南北横断】オープンバスで女一人旅②ムイネーⅠ殺されかけた?!深夜の恐怖 icon-external-link 



ムイネーは、ツアーで観光するのが主流なので、至る所にツアーデスクがあります。

どこでも当日に申し込めるので、内容・料金・時間を確認しましょう。



ツアーの客引きなどもたくさんいますが 結構割高なので、何店舗か探して料金を比べてみるといいです。ツアー内容が同じなら、安い方がいいですよね!



  料金 特徴
貸し切り

プライベートツアー
約 1200円 程度 いつでも好きな時間に行け 自分のペースで楽しめる
相乗り ツアー (9人) 約 600円 程度 決められた時間に決行になるが、個人旅行者が多いので、新しい出会いがある

  icon-check-circle-o 100円 = 20,862.26 VND(ベトナム ドン)。2018.6.25 現在





個人手配が不安な方は、日本からツアーに参加するのがおススメです。ツアーの詳細はこちら→ JTB公式サイト icon-external-link 





↑こんな感じで、ジープもどきの車に乗ってツアーに向かいます。カッコイイー!

ツアー内容

フェアリーストリーム(妖精の小川)歩ける温泉と鍾乳岩!

ホワイトサンデューン(白い砂丘)バギーで最高!スリル体験!

フィッシングビレッジ (漁村)  漁をしている姿を見れる! 

レッドサンデューン(赤い砂丘)極上の夕日スポット!


ツアーの内容はこんな感じになっています。

私達のグループはハプニングがあり 時間が無くなった為、フィッシングビレッジは遠くから 蜃気楼のごとく うっすら見学するだけになってしまいましたww



あいのりツアーは最高の出会いの場!


ひとり旅で来ているなら、断然 あいのりツアーがおススメです。



料金もプライベートツアーより若干安くなりますし、新しい友達を作れる最高の機会になるので、是非 皆でシェアする あいのりスタイルを利用することをお勧めします。



私はこの あいのりツアーで、合計9人で一緒に観光をしたのですが、ツアーが終わっても 夜に皆でご飯に行ったり、夜中まで飲み明かしたりして たくさんの友達を作ることが出来ました。

そして月日が経った今でも、彼らと変わらず連絡を取り合っています!



私にとって このムイネーは、ベトナムの旅の中で 最もたくさんの友達が作れた場所だったので、本当に楽しかったです。

やっぱり、あいのりって出会いを作る最強の場なんですね。あいのり大好き。






「あいのり」を無料で観るならこちら

まずは31日間無料でお試し!【FODプレミアム】  

 

ツアーの詳細と、警察出動ハプニング・詐欺事件簿

ということで、ツアーの詳細をご紹介していきます。

ツアー最中にとんでもないハプニングや 詐欺まがいに遭遇したため、同じ目に合わないよう そちらも注意してご覧ください。

フェアリーストリーム(妖精の小川)歩ける温泉と鍾乳岩!


フェアリーストリームは、長く続く渓谷を 裸足で歩くことが出来る場所になっています。

温度は、暑すぎず 丁度いい適温なので 歩いていて とても気持ちいいです。

 ツアー代金とは別に、5000 VDN (約24円)の 入場料が必要になります。

こんな感じで 大きな岩がたくさんあり、かなり壮大な景色です。

歩いていると、途中に ミニ動物園があり、ダチョウに乗ることが出来ます。

私が行ったときは、ダチョウさんは休憩中でした。







ホワイトサンデューン(白い砂丘)バギーで詐欺?!絶叫体験


お次は、ホワイトサンデューン。

ツアー代金とは 別に入場料が 10,000 VND (約50円)かかります。


砂丘という名ですが、その景色には圧巻されます。

まるで砂漠のようなスケールで、あたり一面が白い砂で覆われており、

風によって姿を変えるカメレオンのような砂丘は とても幻想的で 観るものを魅了させます。




また、料金を支払えばバギーに乗って砂丘を爽快ドライブすることができます。

バギー 20分 400,000 ~ 600,000 VND (約1900~2800円)交渉可能


二人で乗ることも出来るのですが、ミランダは、徒歩で歩きたいとの事で 私は ツアーで一緒だった韓国人の男の子とシェアしました。




と、ここで事件は起きました。

砂丘を走らせていると、開始数分で なにやら徐々にスピードが落ちてくるバギー。



え?!もしかして壊れた?!



不安は的中し、どんどん スピードが遅くなるポンコツ バギーに 二人であたふたしていると

どこからともなくブォーーーン

という音と共に、別のバギーに乗ったスタッフらしき兄さんが 颯爽と現れました。



兄さんに事情を説明するも、どうやら英語は話せないようで、伝わったのか不明でしたが

「ここで待っていて!」

というジェスチャーと共に ポンコツバギーに乗ってどこかへ去っていきました。

しばらく待っていると、なにやら先ほどのポンコツバギーより だいぶ強靭なバギーに乗り替え

ふたたび現れた兄さんは、まず私に「後ろに乗りな!」と合図してきました。



一人づつ 新しいバギーの所へ連れて行ってくれるのかな?



そう思って後ろに乗って待っていると、兄さんは急にバギーを暴走させ始めました。



いくつもの高い砂丘を登ったり、下ったり・・・!

まるでジェットコースターのように すごいスピードで砂丘を駆け巡る、とんでもなく楽しい アクティビティを披露してくれたのです。

こんな快感スリルアクションをベトナムで出来ると思っていなかったので すごく楽しかったです。

しばらくすると 私をその場に降ろし、今度は もう一人の韓国人の男の子を乗せ 同じパフォーマンスを披露してくれました。




韓国人の男の子が戻ってきたので、

「きっとバギーが壊れちゃったから、お詫びとしてパフォーマンスをしてくれたんだね!すごく楽しかったね!」

と呑気に喜んでいると、スタッフの兄さんは無言で手のひらを突き出してきました



そうです。

【充分楽しんだんだから、さっきのパフォーマンスの金をよこせ。の手です。


先ほどの喜びが、ぬか喜びだと気付かされた私たちは、一気に怒りが湧いてきました。



ベトナムでは 超高額の 20分 2000円 という法外な料金を支払ったにも関わらず、開始数分で壊れたバギー。

どこからともなく颯爽と現れたと思ったら 急に後ろに乗れといい、説明もなく暴走し、最後には金をよこせ。だと??



ふざけるな!!!と思いましたが

バギーの爽快スリル アトラクションは、確かに楽しかったので、二人で相談して100円のチップをあげることに。(少なっww)


すると、兄さんは「これじゃ少なすぎる。もっとよこせ」

と、またもや



【充分楽しんだんだから、さっきのパフォーマンスの金をよこせ。の手をしてきました。



私達は、完全にプッチーンしました。



「高いお金を支払っているのに 開始数分で壊れて、何の説明もなしに勝手にアトラクションを始めて、最後に金を要求するのはおかしいでしょ?チップはこれ以上あげれないよ。」



こう伝えると、兄さんは いまいち英語を理解できなかったようで、何を勘違いしたのか



【この人たちは、お金のない とても貧乏な観光者で、きっと100円のチップが限界なんだ。】



 そんな風に思ったらしく

「いいよいいよ、これはサービスだ!そのお金はいらないよ!キープ、キープ!エンジョイ ベトナム!」

とカタコトの英語で言われ、ウインクのサービスまで してくれました。



詐欺られそうになったから 強気な態度で示したら、まさか同情されるなんて・・・

私達は、絶句して何も言えませんでした。



そんなこんなしているうちに 時間が来たのでバギーを返すことに。

「なんか、悪かったのか良かったのか わからないね・・・。でも楽しかったから良かったのかもね。」

こんな会話をしながら、ホワイトサンデューンを去ったのを昨日の事のように覚えています(笑)



あなたも、もしホワイトサンデューンでバギーを借りる際は、くれぐれもこの手の詐欺にご注意ください。



きっと彼らに悪気はありません。が、言われるがままに お金を払う必要もないです。


危うく詐欺に遭うところでしたが、ホワイトサンデューンはそんな目にあっても 尚、素晴らしい気分にさせてくれる 超優良 絶景スポットなので、是非行くことをオススメします。

フィッシングビレッジ (漁村)   警察沙汰で見れず・・・


写真は、フィッシングビレッジのイメージ図です。実際はこんな感じでたくさんの船と漁師が見れるそうです。



上記でもお話したとおり、警察沙汰のハプニングがあり ツアーが大幅に遅れたので、漁の時間が終了してしまい、現地へ行くことが出来ませんでした。

というのも、ツアーは9人で決行されたので、当然車にはドライバーを含め10人が乗っていたのですが、どうやらあのサイズの車に10人を乗るのは違法だそう。

そりゃそうだww 男性陣は荷台にギュウギュウ詰めになって乗ってたもんな・・・



そして、警察の検問なんか滅多にしていないのに、その日に限って警察が待ち伏せしていると仲間からの無線が入ったとのこと。

捕まると大変なことになるので、警察がいなくなるまで脇道で待つ。ということになり 脇道に行くと、そこには長蛇の列が。

どんだけのドライバーが違反してんだよww

もうツッコミどころ満載でしたが、大人しく待つことに。



陶器のお店に立ち寄って時間を潰したりしていました。

あなたがツアーに参加する際には、警察が検問していないことを祈ります。

フィッシングビレッジは観れなかったけれど、これはこれで貴重な体験が出来たかなと思いますw



レッドサンデューン(赤い砂丘)極上の夕日スポット


最後はレッドサンデューンです。

ここは先ほどのホワイトサンデューンと違い、砂が赤いです。

規模はやや小さめですが、ここではサンセットを見ることができ ものすごく綺麗です。



少し、砂が赤いですよね。これもまた 綺麗です。

写真だと分かりづらいですが、夕日に染まる赤砂丘は すごく神秘的で、ツアーのフィナーレに相応しい極上の夕日スポットでした。

本当に楽しいツアーだったな。



まとめ:ムイネーは旅人には最高の場所


600円のツアーでこれだけ色々なところを周れて、友達もたくさん出来たムイネー。

ツアーが終わった後も、みんなでご飯にいこうという話になり ご飯を食べたり、友達の滞在しているバンガローで 深夜まで飲み明かしたり。

イギリス・オランダ・韓国・フランス と色んな国の友達が1日で出来た最高の場所ムイネー。

ベトナムを旅するなら、ムイネーに立ち寄り あいのりツアーをすることを強くおすすめします!

こんな感じで、深夜まで飲み明かした後、オープンバスに乗り 次の目的地であるニャチャンに向かったのでした。

次回をお楽しみに★







「あいのり」を無料で観るならこちら

まずは31日間無料でお試し!【FODプレミアム】  

【関連記事】

↓海外に行く際は、必ず保険を付けましょう。こういう事が起こります。

【保険は命】海外旅行 盗難事件簿。被害後にするべき3つの事 !

↓無料保険を賢く利用するにはこちら

【完全保存版】海外渡航で年間26万の保険料を無料にする裏技

↓ホテル・航空券の予約方法はこちら

海外航空券・ホテルを自分で予約する方法!【驚愕】こんな安いの?!

ベトナムのホテル・バックパッカーの最安値予約はこちら→Agoda

ベトナムの航空券の業界最安値予約はこちら→skyticket.jp

ベトナムについて調べたい方はこちら→【TripAdvisor】

個人手配が不安な方は、ツアーに参加するのがおススメです→ JTB 
私がこの写真撮影に使っている一眼レフはこちら NIKON D5300

海外レンタカー最安値はこちら→レンティングカーズ


最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
参考になりましたら、
ぽちっとお願い致します★

にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

いつもクリックありがとうございます(*^^*)

error: Content is protected !!