東南アジア

旅で出会った友から学んだLGTB・自由恋愛【後悔しない生き方】①

こんにちは、とりっぴーです。
今回は、ベトナム南北横断中にムイネーで仲良くなった2人の外国人によって、私の人生の価値観が180度 変わったお話をしようと思います。
それではどうぞ!

関連記事:
【ベトナム南北横断】オープンバスで女一人旅②ムイネーⅠ殺されかけた?!深夜の恐怖  
ベトナム南北横断!オープンバスで女一人旅③ニャチャンでダイビング&島巡りツアー★料金・行き方 icon-external-link 

 

LGTBとは

「LGBT」とは、「レズビアン(女性同性愛者)」・「ゲイ(男性同性愛者)」・「バイセクシュアル(両性愛者)」・「トランスジェンダー(性別越境、性別違和) 」の頭文字をとった単語で、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称です。

トランスジェンダーに関しては、
心の性別と体の性別が一致しない方は、
・FTM (Female To Male=女性から男性)
・MTF (Male To Female=男性から女性)
心の性別がなく、無性・中性の方は、
・FTX (Female To X)
・MTX(Male To X)
と それぞれ名称が変わってきます。

これらの呼称は、自らのことをポジティブに語る用語として、現在では世界中の人々が使っています。
また、LGBT 総合研究所が2016年に実施したマーケット調査では、LGBT に該当する人は 全体の8.0%というデータがあり、これは、左利きやAB型の人よりも多い割合となります。

また、LGBTでよく見かけるレインボーの旗は、 LGBT の尊厳と LGBTの社会運動を象徴する旗となっています。
オリジナルのフラッグは1970年 ギルバート・ベイカーが手染めで制作し、8色で構成されたこの旗の色にそれぞれの意味が込められています。

ピンク:sexuality (セクシャリティ)    
 赤:life (生命)                       
 橙:healing (癒し)                 
黄:sunlight (太陽)                         
緑:nature (自然)                             
ターコイズ:magic/art (魔術 / 芸術)   
藍:serenity/harmony (平穏 / 調和)    
紫:spirit (精神)                               

 

 

 

ベトナムで運命が変わる出会いがありました。


ということで、私の人生観を変えた フランス人のミランダ・ベトナム系イギリス人のニック。
この二人とは、ベトナムのムイネーのツアーで出会いました。

ミランダの第一印象は、19歳ということもあり 若くて ごく一般的なの女の子。
ニックに関しては、おしゃべりで ユーモアのある男の人だな。というくらいの印象でした。

今回は、この ニックについてお話いたします。

単刀直入に言うと 彼はゲイだったのですが、私は ベトナム ・ホイアンのホテルで とある事件が起こるまで、ニックがゲイという事に全く気付きませんでした。

というのも、ムイネーのツアーでは9人もの人数で一緒にいたため、たった1日では その人 個人がどんな人なのかは、なかなか分からなかったからです。

しかし、偶然にも 行先が同じで ニャチャン・ホイアンと ずっと一緒に旅を続けるうちに、彼の魅力的な部分が明らかになってきました。

と、同時に、自分はなんて世界で生きていたのだろう。世界には こんなにたくさんの考え方があり、皆がそれぞれを尊重しあって生きているんだ。という事にとても感動したのです。

 

ホテルでの出来事


ムイネーのツアーで一緒になり、その日は夜までツアーで一緒だった仲間たちと呑んでいました。
しかし都市を移動する予定があったので、早めに飲み会を退散し ムイネーから乗り合わせた深夜のバスで
ニックと 偶然にも鉢合わせた私は、ニャチャン・ホイアンと 一緒に旅をすることにしたのでした。

ニャチャンについてはこちら ベトナム南北横断!オープンバスで女一人旅③ニャチャンでダイビング&島巡りツアー★料金・行き方 icon-external-link 

そして、ニャチャンから ホイアンに到着。
ニックは既にホテルを予約していましたが、私はまだホテルを取っていませんでした。
(いつも 行き当たりばったりで 当日にホテルを予約する私w)

ニックが「 予約したホテルは、ダブルベッドで とても大きいし、どうせ一緒に観光するんだし、部屋 シェアしようよ」と誘ってくれました。

でも、確か昨日 ニックはパートナーがいる。と自分で言ってたよな・・・。
パートナーがいるにも関わらず、よそ者の女が一緒のベッドに寝るなんて いくらなんでもダメだろ・・・・。
そう思い、ニックに「でも私が部屋をシェアしたら、パートナーが嫌な気持ちになるんじゃない?」と聞くと、
ニックはあっけらかんとした態度で「なぜ?部屋をシェアするだけなのに どうして怒るの?大丈夫だよ」
と言ってくれたので、お言葉に甘えてシェアすることにしました。

そして、その日の夜 事件は起きたのです。


1日の観光を終えて、クタクタになって帰ってきた私達。
軽く夕食を取りながらお酒を飲み、シャワーを浴びて そそくさと眠ることに。

電気を消してベッドに入り、ウトウトしていると 先に眠ったはずのニックが 抱きついてきたのです。

「え!!!!!!ちょっとまって!!!!なにこれ!ダメダメダメ!!私はあなたの彼女じゃないよ!目を覚まして!」

私は超絶パニックになり、必死でニックを引きはがしました。

どうやらニックは寝ぼけていたようで、なんとか元の位置に戻りましたが その後も寝ぼけて何度か近づいてくる素振りがあったので、どうにか回避し 眠りにつきました。

やっぱり、私がバカだった。部屋を別にするべきだった・・・。


気まずいまま、朝を迎えましたが、昨日の事はなにも覚えていない様子のニック。
話を蒸し返すのも嫌だったので、そのまま普通に接することに。

その日は、ムイネーから1日遅れでミランダが合流する日だったので、ニックがいない隙にミランダに昨夜のことを相談することに・・・。
「昨日、ニックに抱き着かれてさ・・・ニックって彼女いるよね? 私、部屋を別にするわ。」
こう相談すると、ミランダは 笑いながら答えました。

「ニックはゲイだよ!彼氏はいるけど、彼女はいないよ!(笑)」

「ええええええええええええええ!!!」

私は、驚愕しました。

「なぜゲイだと分かったの?」と質問すると
「話し方や仕草でだいたいわかるよ。私の周りにもゲイの友達がいて、すごく似てるもの。ヨーロッパでは 友達でも、一緒に抱き合って寝ることもあるから 心配しなくて大丈夫だよ!ニックは寝ぼけてたんだよ きっと!」

と教えてくれました。
そして、ムイネーのツアーで宴を交わしたヨーロピアンたちは、ニックがゲイだということを全員分かっていた。という事も教えてくれました。
私は さらに驚愕しました。

そして、ビンビンに意識していた自分が恥ずかしくなりました(笑)

思い返してみれば
・確かに、男性にしては ものすごく良くしゃべるし、特徴的な話し方・・・
・確かに、相手の事を ”彼女” ではなく、パートナーと呼んでいた・・・
・確かに、筋肉ムキムキで いつもタンクトップを着ていた・・・(←これは関係ないか?w)
・確かに、すごく綺麗好きで ウエットティッシュやハンドクリームなど 男性にしては持ち物も多かった・・・

と思い当たる節がチラホラ見えてきました。

なーんだ。良かった!心配して損した!

と ホッと一安心した気持ちと同時に、ちょっとがっかりした気持ちになりましたw
なぜなら、ニックは話していて、本っ当に面白くて、すごくジェントルマンで優しいのに、言うときはガツンと言ってくれる、女心をくすぐる 本当に魅力的な人だったから。

正直、ちょっと好きになりかけていた自分がいました(笑)
ニックは それくらい、人を引き付ける力のある 魅力的な人でした。

 

私が彼から学んだ 【人を好きになるのに 線引きはいらないという事】


では、私が どうして こんなにも彼に惹きつけられたのか。
それは、彼が男性とか女性とか そんな垣根を飛び越えて とても魅力的だったからです。

・話せば、最強にユーモアがあって いつも大爆笑しちゃう
・人の考えや生き方をジャッジせず、いろいろな人がいるという事を理解し、楽しんでいる
・ダメなことはダメ と、友達だろうが 目上の人だろうが お構いなしにハッキリと意見する
・自分を信じ、目標に向かって努力できる ブレない心を持っている
・いつも イキイキしていて楽しそう
・とにかく、誰とでもすぐに打ち解けて 仲良くなってしまう

と、数日間一緒に旅をしていて、彼の魅力的な部分をたくさん見つけることが出来ました。
これって、ゲイとかノーマルとか、見た目がイケメンだとか、背が高いとか そんなことは全く関係ないんです。
人としての魅力です。

 

ある日 彼の恋愛遍歴について質問すると、こんな話をしてくれました。

「駅のホームでお互い電車を待っていて、話し始めたことから恋人関係に発展したことがある。
ストレート(ゲイ・バイセクシャルではない人)から告白されて付き合ったことが、何回か ある。」

これって、かなり すごくないですか?

ニックは、きっと 「こいつをゲットしてやる!」と思って電車のホームで話しかけたわけではないはずです。
はたまた、「ストレートのあいつをゲイ・バイにしてやる!」と思って接していたのではないはずです。

この話を聞いたときに、なんか ニックを好きになった人の気持ちが すごく良く分かりました。
だって、わたしも たった数日で 好きになりかけたもんww(顔は全くタイプじゃないのに)

ニックと出会って、彼は 全く自分を飾らず 自分に正直に生きていて、毎日が楽しそうで・・・。
人に好かれようとか、嫌われないようにしようとか、そんなことは微塵も意識していない。
ただただ、自分の人生を楽しんで生きていて キラキラしてる。と感じました。

そんな時、人は、その人に魅力を感じ、好きになるんだな。とわかりました。
そして、そこに ボーダーはないのです。

貧乏・金持ち
太い・細い
低身長・高身長
不細工・美人 / イケメン
低学歴・高学歴
国内・外国
男・女
年上・年下(法律は遵守)

もちろん 相手のバックグラウンドを知っていれば それは相手を魅力的に感じるか、そうでなくなるか 十分判断する材料になります。

でも、そんな材料がなくても 純粋な気持ちで相手の魅力に気づいたとき、人は心惹かれるのだなと気づいたのです。

周りがどう思おうと、自分は じぶん

こう思えることで、自分の人生は 何十倍も楽しくなるんです。
自分の人生は、自分のもの。
その人生をいかに楽しむか。
自分に正直に生きていれば、その魅力に気づいてくれる人はたくさんいる。

ということを ニックから学びました。

あれ・・・? あの映画に似てる。

 

ここで突然ですが、あなたは【Her / 世界でひとつの彼女】という映画を観たことがありますか?
この映画は、人工知能が発達し、人間の様に会話できるようになった 人工知能 A I の声と 主人公が恋に落ち、恋愛するという ものすごいテーマ。
声だけです。 実際には相手の姿は見えません。でも恋愛しているのです。
iPhone でいうところの Siri とガチ恋愛しているということです。

話だけ聞くと、ものすごいヤバそう・・・。

しかし、私はこの映画を観ているうちに その世界にどんどん引き込まれていってしまいました。
すごいのは、この映画の中の時代では、AIの声と恋愛することが当たり前になっていて 誰も主人公に偏見の目を向けないこと。

主人公「・・・実は、AIと付き合ってるんだ。」
友達「へーそうなんだ!じゃ今度みんなでピクニックに行こうよ!」

そして 実際に、携帯片手に 皆でピクニックする。
という なんとも カオスな世界観。

しかし私は、この映画をみて、LGBTの世界と照らし合わせてしまいました。

欧米やヨーロッパでは 当たり前の様に周知されてきている LGBTですが まだまだ 差別や偏見は尽きないです。
でも、少しずつ 理解者が増えてきて オープンに考えることが出来る人が広まってきている。

だから、このリアルな世界でも 映画の中の人たちの様に 誰と恋しても自由(法律は遵守)
っていう世界になればいいな。
そして、人をジャッジせず、いろんな生き方があることを理解して 皆が楽しんで生きれるようになればいいな。
と思ったのです。

過去と他人は変えられない。しかし今ここから始まる自分と未来は変えられる。

これは、私が大好きな言葉で、エリック・バーンという カナダの心理学者の名言です。

この人の言葉どおり、
過去と他人はどう頑張ったって変えられないのだから、だったら 今ここから、自分の考え方を変えればいいじゃないか。
そうしたら、未来はどんどん好転していくじゃないか!
ってことです。

こうやって、偶然が重なって一緒に旅をし、すごい世界を私に見せてくれたニック。
本当に 感謝です。
これだから、旅は辞められない!!

ちなみに、ニックは定期的に連絡をくれて 今でも くだらない話で笑いあっています。
最高の友達が出来たベトナムに感謝!

ニック、会いたいなー!!!

 

【Her / 世界でひとつの彼女】を無料視聴できるのはここだけ→ 31日間無料お試しOK ビデオマーケット icon-external-link 

本当に 世界観に引き込まれる素晴らしい映画です!
ちなみに 監督は これまで数々の賞を受賞した 鬼才 スパイク・ジョーンズで
AIの声はスカーレットヨハンソンが演じていますので 是非、字幕で見ることをお勧めします。
関連記事:留学・ワーホリ前にやっておくべき1日30円の魔法のような英語勉強法はこれ! icon-external-link 

 

【あわせて読みたい】
↓海外に行く際は、必ず保険を付けましょう。こういう事が起こります。
【保険は命】海外旅行 盗難事件簿。被害後にするべき3つの事 ! icon-external-link 
↓まだ、海外保険にお金を払っていますか?
【完全保存版】海外渡航で年間26万の保険料を無料にする裏技 icon-external-link 
海外航空券・ホテルを自分で予約する方法!【驚愕】こんな安いの?! icon-external-link 
のホテル・バックパッカーの予約はこちら→Agoda
の航空券の業界最安値予約はこちら→skyticket.jp
について調べたい方はこちら→【TripAdvisor】
個人手配が不安な方は、ツアーに参加するのがおススメです→ JTB
私がこの写真撮影に使っている一眼レフはこちら NIKON D5300
海外レンタカー最安値はこちら→レンティングカーズ