フィリピン留学

【種類・費用も公開】ダイビングの資格取得で変わった私の人生観【海は広いな大きいな】

こんにちは!とりっぴーです。
皆さんは、スキューバダイビングにどんなイメージをお持ちですか?海を深く潜り、普段 目にすることのない生き物と触れ合う。
そんな素晴らしい Under The World を 一生に一度は自分の目で見てみたい と思ったことはないでしょうか?
今回はダイビングについての詳しい詳細と、どうして私が資格を取得しようと思ったのか、また実際に潜るようになって 自分の人生観・価値観がどのように変わったかをご紹介していきます!

資格は複数の団体から選んで取得する。

まず、スキューバダイビングの資格は 各指導団体のプログラムに定められた講習を きちんと受講して テストを受けることによって取得することが出来ます。
正確には Cカードといい、しっかりと受講すれば 試験に落ちるという事は まずないです。
団体の種類はたくさんあって メジャーなのは PADI(パディ)、NAUI(ナウイ)、BSAC(ビーエスエーシー)、SSI(エスエスアイ)、CMAS(クマス、シーマス)などです。
私は PADI の オープンウォーターと アドバンスを取得しています。

 

Cカードにもレベルがある。

そして、Cカードはレベルによって分けられていて、それによって出来ることが違ってきます。私は、PADIを取得したのでここではPADIの内容で説明しますが、どの団体も同じようにレベル分けされています。

PADIスクーバ・ダイバー
PADIのプロフェッショナルメンバーの引率で水深12mまでのダイビングができます。 オープンウォーターの前半部分という感じなので、オープンウォーターにステップアップできます。


オープン・ウォーター・ダイバー
2人以上のダイバーと一緒に18mまでダイビングをすることができます。一番初めにこれを取る人が多いです。3日程で取得できます。


アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー
オープンウォーターを取得している人が、取得することが出来る資格です。水深30メートルまで潜水可能になり、ナイトダイビングなど オープンウォーターの資格では出来なかったことが出来るようになります。


レスキュー・ダイバー
・アドバンスオープンウォーター・酸素SP 資格・EFR(エマージェンシーファーストレスポンス)資格を持っていることが条件になります。ダイビング中のトラブルを未然に防いだり、非常事態に対応できる知識を取得でき、世界中のほぼすべてのダイビングポイントに潜れるようになります。


マスター・スクーバ・ダイバー
上級プロレベルのコースを潜れるようになります。また、お客様を連れて水中ガイドができるようになります。  

取得の費用

費用は、各指導団体やレベルによっても違いますが、PADIの例で説明すると、日本ではオープンウォーター が6万円前後、   アドバンスオープンウォーターが3万円前後の値段のようです。場所にも寄りますが、日本は比較的 高めの値段設定ですね。
私はフィリピン留学している時に、お正月休みを利用して取得しました。値段はオープンウォーターで3万円前後でしたので、日本の料金の半額ですね。
実際には 海外(場所による)で取得した方が料金は断然安いです。日本語も対応しているのでプログラムの内容もしっかりと理解することが出来ます。
閑散期なら飛行機代を合わせても、日本と同じくらいの料金しかかからないので、海外で取得するのがおススメです。
資格を取得した後は すぐ潜ることが出来るのですが、潜る料金も海外の方が圧倒的に安いです。
日本では1ダイブ 1万円前後、タイやフィリピンでは 1ダイブ 2千円前後なので 5分の1の料金で潜れちゃいます。
私は、オープンウォーターはフィリピンのドゥマゲッティで取得し、アドバンスに関してはタイのタオ島で取得しました。

ダイビングをして変わった私の人生観

まず、私がダイビングの資格を取りたいと思った経緯ですが、18歳の時に行ったサイパン旅行で、ずっとやってみたかった体験ダイビングをした時のこと。体験ダイビングでは10mまでしか潜れないのですが、そこで見た魚たちがすごく綺麗だったのです。
↓これは私がダイビングで撮った写真です。

透き通った海に、こんなに色鮮やかな魚たちがたくさん住んでいるんです。すごく綺麗ですよね。その姿が 優雅で、自由で、私にはとてもうらやましく思えました。

10mでこんなに綺麗な景色が見れるなら、もっと深い世界はどうなっているんだろう。と思いました。

他にもサイパンには素晴らしい観光地がたくさんあり、グロットという場所に行ったときの事・・・出会ってしまったのです。


こちらが、サイパンのグロット。通称 青の洞窟です。
太陽の光が反射して青く光っていて ものすごく綺麗ですよね。しかし 海流の勢いが強いため、資格を持ち、経験を有したベテランのダイバーしか潜ることが出来ないのです。

それを聞いたときに、
いつか資格を取って また ここにきて潜りたい!
そう思ったのです。それが私が資格を取りたいと思ったきっかけでした。

それから、フィリピン留学にいくことを決め、縁あって無事に資格を取ることが出来ました。
詳しくはこちら→過去記事:ワーホリで後悔する人、しない人。留学を失敗させる人のダメな思考力

そして、いよいよ水深18メートルの世界に入った時の事。

サンゴのベッドで休んでいる 野生のウミガメを こんなに間近で見れたときには、本当に感動しました。
果てしなく広がる海の中で、何に縛られることもなく 悠々自適に シンプルに暮らしているカメや魚たちを見て
普段自分が怒ったり、悲しくなったり、悩んでいたことって なんてちっぽけだったんだろう。今まで 自分が見てきた世界って、なんて狭い世界だったんだろう。って、なんか吹っ切ることが出来たんですよね。
そんな感じで私も カメや魚や 鳥のように自由に 自分の好きなことをして生きていこうと思えるようになりました。
海カメ仙人から人生哲学を教えてもらいましたね(笑)

人それぞれ思う事は違うと思いますが、私はダイビングを通して、本当に自然の偉大さを肌で感じ、自分の無力さを思い知らされ、同時に 自分の人生を変えることが出来るのは自分だけなんだと思えるようになったのです。
だから、みなさんも もし少しでもダイビングをやってみたいな と思うのであれば、是非 トライして欲しいです。
壮大な海に潜れば、きっとあなたの悩みなんてどうでもいいと思わされるような素晴らしい Under The World を見ることが出来ると思いますよ!


グロットについての詳細を知りたい方はこちら→【TripAdvisor】
個人手配は不安という方は日本で申し込むより格安な日本語対応現地ツアーがおすすめです→【VELTRA】
ホテル・バックパッカーの予約はこちら→【Booking.com】  
航空券の予約はこちら→スカイチケット
予約手順はこちら→過去記事:海外航空券・ホテルを自分で予約する方法!【驚愕】こんな安いの?!
海外旅行の保険を無料にする方法はこちら→過去記事:【完全保存版】ワーホリ・留学で年間26万の保険料を無料にする裏技

error: Content is protected !!