ジブリ舞台【千と千尋の神隠し】オーストラリアのバッセルトン行き方・詳細【南半球一長い桟橋】

こんにちは、とりっぴ―です!

みなさんは、西オーストラリアに 千と千尋の神隠しの舞台となった場所があるのを ご存知でしょうか?

実際に行ってみると、本当に映画に出てくる場面と同じ景色が見れて、ジブリ好きの私は とても興奮しました!

千と千尋が好きな方も、そうでない方も 実際にその絶景を目にすると、心が癒されることでしょう。

今回は、その「バッセルトン」という桟橋について詳しくご紹介します。

それでは、どうぞ!

バッセルトン【 Busselton Jetty 】とは?

「バッセルトン」とは、この桟橋の名前で、Jetty は 英語で「桟橋」を意味します。

実はこのバッセルトン、南半球にある木製の桟橋の中で1番長く、その長さはなんと 1.7kmにもなり、実際に 一番先端まで行くことが出来ます。

もともと資材の運搬に利用されていたこの桟橋は、1865年から 95年もの歳月をかけて完成したそうです。

また、ここはスタジオジブリ作品「千と千尋の神隠し」のモデルになった場所と言われており、映画の中で 千が錢婆の家へ向かう際に乗った列車のシーンの風景と、ものすごくそっくりです。

   

バッセルトンの入場料・費用


バッセルトンを通行するには、入場料を支払う必要があります。

  大人  子供
通行料  3Aus$ free
列車   12 Aus$ 6 Aus$
水中天文台 29.5 Aus$ 14 Aus$

徒歩だと一番先端まで行くのに、30分~ 40分かかります。

手っ取り早く行きたい人は、桟橋の上を走っている列車に乗りましょう(笑)

1時間に1本のペースで運行しています。結構人気なので、乗りたい場合は早めにチケットを購入した方がいいです。



また、水中天文台では 水中の様子を観察することが出来ます。


↑公式HP:busseltonjetty.com 水中天文台 写真引用

こちらも営業時間が決まっています。また、列車は天候によって運航を中止する場合もあるのでご注意ください。

バッセルトンの場所


3L Queen St, Busselton WA 6280 オーストラリア

営業時間:随時 
※列車・水中天文台は上記の表の通り、時間が決まっているのでご注意ください。

バッセルトンは、パースから南に220km ほど行った場所にあります。車で行くと2時間半くらいで行けるので、日帰りでも行けます。

バッセルトンの行き方

バッセルトンへは、ツアーに参加するか レンタカーで行くことが出来ます。

ツアーに参加する場合は、【VELTRA】という現地ツアー会社がおすすめです。日本語対応で、日本で申し込むより値段もかなり安いので 私も個人手配初心者の時は、いつもこちらを使っていました。

バッセルトンと検索すると、近辺の観光地も一緒に行けるパッケージツアーなどがあるので いろいろな所に行けます。→【VELTRA】

個人で行きたい場合は、レンタカーをして行くといいと思います。私もレンティングカーズで車をレンタルして、料金を友人とシェアしたので すごく安く行けました。

複数あるレンタル会社から比較して、最安値で予約が出来るので「他で予約した方が安かった!」という事がありません。日本から予約できるので、安心です。

パースの最安値レンタカーは こちら→レンティングカーズ

運転の際は国際免許を忘れずに。【国際免許証】留学・ワーホリ・旅行に行くなら必需品!取り方ガイド



千と千尋の神隠しの舞台 バッセルトン! ギャラリー

では、実際に私が見たバッセルトンの写真をご紹介いたします!

 

私たちが行ったのは午後だったので、桟橋が 西日に照らされて綺麗でした。

海に沈んでいく夕日がとても美しかったです。


↑ここが、一番先端になります。徒歩で行ったので結構疲れました(笑) 奥には水中天文台がありますが、私が行った時間帯には既に閉まっていました。


360度 海に囲まれているので、サンセットの反対側には月がくっきりと見えました。

西にお日様が沈み、東にお月様が登っていく。遮るものが何もなく、周りには海と太陽と月しかない。こんな体験は生まれて初めてで、とても感動しました。

朝も綺麗ですが、夕暮れ時も素晴らしい絶景が見れるのでおススメです。



桟橋の途中には、ベンチがあります。距離が長いので、少し休憩しながら海を眺めるのも最高ですね。

↓この場所が映画の中で、千尋が 駅にいた女の子を電車越しに目で追うシーンの風景と似ているなと思いました。

 

こんな感じで、バッセルトンは ジブリ好きも そうでない方も 存分に楽しめる オーストラリアならではの癒しスポットでした。

是非、みなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか?

私が申し込んだ 海外レンタカーの最安値予約はこちら→レンティングカーズ

個人手配が不安な方は、日本で申し込むより格安な日本語対応 現地ツアーで →【VELTRA】



【関連記事】

【完全保存版】ワーホリ・留学で年間26万の保険料を無料にする裏技

海外航空券・ホテルを自分で予約する方法!【驚愕】こんな安いの?!

ホテル・バックパッカーの予約はこちら→【Booking.com】  

パース行きの航空券の最安値予約はこちら→スカイチケット

西オーストラリアについて調べたい方はこちら→【TripAdvisor】

個人手配が不安な方は、日本で申し込むより格安な日本語対応 現地ツアーで →【VELTRA】

私がこの写真撮影に使っている一眼レフはこちら NIKON D5300


最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
参考になりましたら、
ぽちっとお願い致します★

にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

いつもクリックありがとうございます(*^^*)

error: Content is protected !!