東南アジア

【恐怖体験】カンボジアでトランプ詐欺に遭い全財産を失った話@シェムリアップ 親日家の罠

こんにちは、とりっぴーです。
あなたは、海外で詐欺にあったことがありますか? 日本とは、生活水準も 文化も 価値観も なにもかも違う外国。
日本では当たり前の常識やルールが 一歩外へ出ると、時には通用しなくなってしまう。それが外国というものです。
今回は、私がカンボジアのシェムリアップへ行った際に 【実際に詐欺に遭ってしまった旅行者】に出会い、本人から直接話を聞いた 身の毛もよだつ体験談についてお話したいと思います。
この詐欺被害を繰り返さないためにも、是非読んで頂きたいです。
それでは、どうぞ!

被害舞台 カンボジア シェムリアップとは

今回、私は2人の被害者から全く同じ詐欺手口での体験談を聞きました。その舞台となったのはいずれも カンボジアのシェムリアップでした。
シェムリアップとは、カンボジア観光客のほとんどが訪れる人気スポット 世界遺産 アンコールワットがある都市で、たくさんの歴史的建造物を見ることが出来る とても歴史ある街で、私も大好きな場所です。

カンボジアの物価

まず カンボジアでは、カンボジアの通貨 リエル と アメリカの通貨 ドル を使うことが出来ます。ほとんどの場合 アメリカ ドルで支払い、細かいお釣りをカンボジアの通貨で もらうことが多いです。
カンボジアの通貨は ものすごくボロボロの状態で渡されることが多いので、破れや落書きがないか よく確認し、汚い場合は交換してもらいましょう。自分が使用するときに使用拒否される場合があります。
では、カンボジアの物価を見てみましょう。

商品 値段
水  1L 60~80円~
コーラ  500ml 100円~
食事 300円~
トゥクトゥク (1km程度) 100円~
バックパッカー宿 600円~

だいたい こんな感じです。水は日本より少し安い程度。食事や宿は日本より かなり安いように感じました。
また、カンボジアの最低月収は 約1万4600円~となっています。

詐欺被害者①

まず、一人目の被害者は 日本人の女子大生Aさん。たまたまステイしたバックパッカーで出会いました。Aさんは カンボジアが大好きで 過去にも何度か訪れており 今回が初めてではありませんでしたが、たった2日前に 詐欺に遭ってしまったとの事で とてもショックを受けていました。
Aさんは、たまたま カンボジアのイオンモールへ行った際に
「あなたは、日本人でしょ? 私は日本が大好きで、妹も日本に住んでいるから もっとあなたと話をしたい。うちに遊びに来て!食事をご馳走するわ!」
と中年の女性に声を掛けられたそうです。彼女は 地元の女性に声を掛けられて 仲良く出来ることがとても嬉しかった といい、その女の話に乗り 一緒に自宅へ行ったそうです。
実際 詐欺をする奴らは カンボジア人ではなく、インドネシア人やフィリピン人が多く 地元民と偽り近寄って来ます。奴らは服装を見ただけで日本人を見極めることができ、騙しやすい日本人をターゲットにしています。

そして、Aさんは 女の乗るバイクの後ろに乗せてもらい その人の家へ行きました。食事をご馳走してもらい、楽しくお話をした所で 女は Aさんにトランプゲームをしようと持ち掛けてきました。
一通りルールを説明したところでゲームが始まりました。Aさんは あれよ あれよという間に勝ち続けました。 女は、「あなた、すごい!とても筋がいいわ。こんなに強い人初めて見た!」と褒めたたえました。
そして 立て続けに「いつもこのゲームで勝負をしている友達がいるんだけど、あなたの腕なら絶対に勝てるわ!一緒に勝負して大儲けしましょう!」と持ち掛け、その友達を呼びました。
数分後、友達達が揃い、ゲームが始まりました。友達はゲームを始めるには担保が必要だ。と言い「Aさんの持っている iPhoneを担保にするから出して。」と言いました。Aさんは、何の疑いもなしに担保としてiPhoneを置いたそうです。そしてゲームが始まりました。 
しかし、さっきまであんなに勝ち続けていた 強いはずのAさんは、あっという間に負けてしまいました。 女は「大丈夫、あなたはすごく強いから このまま続ければ絶対に勝てる!このまま続けましょう。」と言いました。Aさんはその言葉を信じ ゲームを続けることにしました。
しかし、対戦相手の友達は「担保が必要だからゲームを続けるならお金を降ろしてきて。」といいました。
女は「私がATMまで送ってあげるから 一緒に行って降ろして来よう!」といい、AさんはATMの1日の引出し限度額である5万円程を降ろし担保に掛けました。 そしてまたゲームを再開させました。
この時、既にAさんは 女をすっかり信じ込んでいたので なんの疑いも持ちませんでした。

しかし Aさんは、またもや 負けてしまいました。
女は「今は負けているけれど 今度こそ勝てる。私はコツを知っている。これで勝てれば大儲け出来るから私を信じれば大丈夫よ。また、担保が必要だけど、もうATMは使えないから 今度はスマホを買いましょう。」といい Aさんをスマホショップに連れて行きました。
そしてAさんは 1番高い7万円程のギャラクシー(Samsung 社)を買い、またゲームを再開させました。
もう お分かりの通り、もちろん また負けました。この時点で、Aさんは自分の iPhone・現金5万円・スマホ7万円合計22万円程 取られています。
女は「よし、Aさんにこんなに頑張ってもらったから、こうなったら今度は私が担保を掛ける。絶対に負けるわけにはいかない。今から私の家にお金を取りに行くから一緒に行こう。」と持ち掛け Aさんをバイクの後ろに乗せて 女の家へと向かいました。
女は、「家はこのすぐ先だけど、ここから先は道がでこぼこで危ないから ここのレストランで待っていて。お金を取ってくるね!」と言いバイクを走らせました。  Aさんはしばらくそのレストランで待っていましたが、女は なかなか戻ってきませんでした。
結局Aさんは、その場で3時間程待ちましたが 女が戻ってくることはありませんでした。
その時初めて、「もしかしたら、騙されたかも。」と思ったそうですが、女の連絡先も ゲームをした場所も 何もわからず、手の施しようがありませんでした。仕方なくAさんはホテルへと戻ったそうです。

この話を聞いたときに、「どうしてそんな馬鹿な話を信じてしまったの?!知らない人の家に行くなんて、殺されてもおかしくない危険な事だと考えなかったの?」と尋ねると
「あまりにも親切でいい人だったので、まさか騙されているとは夢にも思わなかった。今でもまだ騙されたことを信じられない自分がいる。」との事でした。
きっと、Aさんは心がピュアで 疑うことを知らなかったのと同時に、それだけ詐欺の手口も巧妙で 相手に疑う隙を与えなかったのでしょう。

詐欺被害者②

そして もう一人の被害者は、私がベトナムを観光中に出会った台湾人の男の子 B君でした。彼は おとなしくシャイで 英語は少し話せる程度でした。
ベトナムの後 一人でカンボジアへ向かい、シェムリアップで声を掛けられ 全く同じ手口に掛かってしまったのです。
彼もまた、自分のスマホ・ATMで降ろした現金・購入させられたスマホを 全て失ってしまいました。
彼の場合は、家に行ってゲームに誘われた時点で 怖くなって1度は断ったものの  その押の強さに 引くに引けなくなり 結果 ゲームに負けて財産を奪われてしまいました。

このように、私がシェムリアップに滞在した たった数日の間に 2人も騙されてしまった人に出会ったのですから、実際には この何十倍も騙されている人達がいるはずです。
しかし、警察に届けたところで 家も住所も 顔も分からないことから 犯人を探し出し捕まえるのは ほぼ不可能だそうです。
そのため、このような凶悪な詐欺の手口は無くならないとのこと。ゲームも、最初はわざと負けて 被害者をその気にさせてから もともとはグルで仲間である 対戦相手を呼び出す。というシナリオ通りの詐欺手口です。

詐欺被害に遭わないために

このように、カンボジアでは 日本人や台湾人、韓国人など アジア人を狙った詐欺の手口が ものすごく多発しています。
お金を持っているニコニコしていて断れない英語があまり通じない などの条件から 詐欺師からすると とても騙しやすいのだそう。
ですから、詐欺に遭わない為に皆さんに心がけて欲しいことは

◆日本人が好きで、やたら日本語を知っている人
◆家族や親戚・友人などが日本に住んでいる・住む予定があるから日本について教えてくれと言ってくる人
◆向こうから親切に話しかけてきて 世話を焼いてくる人
◆お家で家庭料理を振舞ってあげる。と招待してくる人
◆ポーカーなど カードゲームのやり方を教えてあげる と言ってくる人

これらに当てはまる人は、話しかけられても 決して相手にしないようにしましょう。
上記の詐欺に遭った二人に身体的被害はありませんでしたが、海外で みず知らずの人の家を訪問するなど 論外です。
命の危険すら危ぶまれる行為ですので、絶対に行かないようにしましょう。飲み物や食べ物に平気で薬物を入れて、酩酊している間に金品を盗む輩もいます。
旅行に行って、現地の人と仲良くするのって 旅行に行く楽しみの一つでもあり ついつい気が緩んでしまいがちですが、そもそも奴らは現地人ではありません。時には人を疑うことも必要です。

カンボジアは素晴らしい国

こんな感じで、カンボジアでは詐欺が多発していますが 怖がることはありません。怪しい人に関わらず 普通に旅行していれば 何の問題もありません。
素晴らしい歴史的建造物もたくさんあって 、人々も優しく 物価も安い、ご飯も美味しい 素敵な国です。
気を引き締めて観光していれば 素敵な思い出をたくさん作れる素晴らしい国ですので、どうかこの記事を読んで 皆さんが詐欺に遭わないことを心から願っております。
そして、海外に行く際は必ず保険を付けましょう。万が一 盗難や詐欺に遭った時に 保険でカバーできるものもあります。
私も、海外旅行での盗難品や医療費は、全て保険でカバーしました。無料保険で十分カバーできるので、賢くお得に利用しましょう。詳しくはこちら↓
【完全保存版】海外渡航で年間26万の保険料を無料にする裏技

【関連記事】

過去記事:海外航空券・ホテルを自分で予約する方法!【驚愕】こんな安いの?!
カンボジアのホテル・バックパッカーの予約はこちら→Agoda
カンボジア航空券の業界最安値予約はこちら→skyticket.jp
カンボジアの詳しい場所について調べたい方はこちら→【TripAdvisor】
個人手配が不安な方は、ツアーに参加するのがおススメです→ JTB
私がこの写真撮影に使っている一眼レフはこちら NIKON D5300
レンタカー最安値はこちら→レンティングカーズ

国際免許【国際免許証】留学・ワーホリ・旅行に行くなら必需品!取り方ガイド

error: Content is protected !!