留学・ワーホリ前にしておくべき準備

ワーホリで後悔する人、しない人。留学を失敗させる人のダメな思考力

こんにちは!とりっぴーです!
みなさんがもし留学・ワーホリに行くとしたら、楽しい経験をたくさんして、行ってよかったなって思えるようにしたいですよね?
今回は、私がオーストラリアで出会った「ワーホリを途中で断念してしまう人、行ったこと自体を後悔してしまう人」の典型的な例と、後悔しないために是非やって欲しいことをご紹介します!

私が出会った、ワーホリ挫折者たち

私がワーホリで行った、オーストラリア。 バックパッカー宿やシェアハウス、オーペア(住み込みベビーシッター)やファームジョブを通して至るところで、とてもたくさんの日本人に出会いました。
それだけ、ワーホリや留学などで海外に行くことって日本人にとって身近なことなんですよね。その中で、ワーホリで海外に行くからには人それぞれ目的や目標があると思います。

例えば、

お金をたくさん稼ぎたい
オーストラリアを横断したい
外人の友達をたくさん作りたい
英語を話せるようになりたい・・・etc
   

そんな期待を胸に、ワクワクした気持ちで飛行機に乗り込んで、まだ見ぬ地へと大冒険に向かうわけですが、想像と違った。英語がわからない。伝わらない。など、ワクワクした気持ちを一瞬でかき消してしまう現実を見て挫折してしまう日本人をたくさん見ました。


【挫折者① Aさんの例】
ワーホリでオーペア(住み込みベビーシッター)をするも、同じオーペア仲間の日本人としか遊ばず、ホストファミリー以外に英語で話す友達を一切つくらない。週末 日本人の友達と遊ぶ以外は部屋に引きこもり、YouTubeや日本のドラマばかり観る。
住み込みなので、家賃や食費の出費がなく、オーペア以外の仕事をしなくても生活できるので向上心がなくなり、ダラダラと過ごす。そのうち日本人の友達と関係がこじれ、誰とも会わなくなり、オーストラリアにいても楽しくなくなる。もう二度とオーストラリアには行きたくないと言葉を残し英語も一切話せないまま1年を無駄にして帰国。


【挫折者② Bくんの例】
お金を稼ぎたくてワーホリに来るもファームジョブで悪徳業者に騙され、手数料を7万円程支払って、歩合制の仕事を手に入れるが収穫時期を過ぎていたため、作物がなく時給換算しても70円程度しかもらえず。
泣く泣くいろいろな場所を転々とし移動費・食費・家賃など出費が重なる。英語が話せないので仕方なく日本食レストランで安いキャッシュジョブ(本来キャッシュジョブは違法)の仕事を見つけ、日本人シェアハウスに住みお金も貯められず。
英語も話せないままホームシックになり オーストラリア、クソつまんない。と吐き捨て、半年で挫折し、帰国。


【挫折者③ Cさんの例】
オーストラリアに外人の結婚相手を探すために来たの!と豪語し、オーペアをしながら夜はバーやクラブに入り浸る。英語はほんの少しだけ出来たので、それなりにいろいろな男性とお付き合いをしていたが、やはり言葉の壁があり 深いお付き合いには至らず・・・
別れては違う男性を見つけるが、結局 結婚相手は見つからず。オーストラリアあんまりいい思い出ないんだよね。と言い放ち、帰国。


他にも何人か、後味の悪い帰国をした人もいましたが、私が出会ったワーホリ挫折者の中で一番印象に残っている3人の話をご紹介しました。
いかがですか?なにか思うことがありませんか?

そうなんです、みんな口を揃えてオーストラリアに非があるような言い方なんです・・・。
悲しかったのは、嫌なことは全部オーストラリアのせいにして自分を正当化していること。オーストラリアってとってもいい国ですよ!人も大らかで優しいし、海も綺麗だし、治安もいいし。
私はオーストラリアに行って心から楽しかったし本当に行って良かったなって思うので、オーストラリアのせいにするのは違うんじゃないかな・・・と思ってしまいました((+_+))

なぜ、ワーホリ・留学を 挫折・後悔してしまうのか。

では、なぜ挫折・後悔をしてしまうのか。それは明確な目標と、それに対する応用力がないからです。
せっかく1年間外国に滞在できるビザを取ったからには、1年間のあいだで何をしたいのか。どんな目標を達成したいのかを明確にして、それを達成できるように自分から行動しなければいけないのです。

ただ、待っていても人生は変わりません

上記で紹介した3人には、それが足りなかったと思います。


Aさんの場合は、日本人と仲違いになってしまったなら街の教会で教えている無料の英語クラスに参加し、そこで同じレベルの英語力の友達を作ったり、ホストファミリーと一緒に出掛けたりと違うことをすればもっと楽しめたはずです。
Bくんの場合は、日本人以外とシェアハウスに住んで出来るだけ英語を覚えて、友達を作り、コネで良い仕事を紹介してもらう事もできたはずです。
Cさんの場合は、言葉の壁があるなら、もっと一生懸命英語を勉強して、少しでも相手とコミュニケーションを深めようと努力することで相手も、もっと真剣に向き合ってくれたかもしれないし、日本に興味がある人と語学交換をし合えるような素敵な人と出会えたかもしれません。


このように、今自分の置かれている状況が良くないなら、どうやったら良くなるかを考えなければいけないのです。

自分の人生を変えられるのは自分だけなんです。

そうやって、自分の状況を良くしようと考えて行動できていれば、きっと楽しくて素敵なオーストラリアライフを送れたと思うのです。

実は 私も経験した、超最悪な思い出 IN オーストラリア


とはいったものの、実は私もオーストラリアではたくさんの嫌な思いを経験しました。
正直、上記の三人よりも悲惨でした・・・これ全部 本当の話です・・・


オーペア(住み込みベビーシッター)では、掃除婦のような扱いをされ続けてしまい、あまりにも対応が酷かったのでホストファミリーに辞めたいと言ったら

このビッチ!今すぐ荷物をまとめてこの家を出ていけ!

と暴言を吐かれ、電車もバスもなく車がないと、どこにも行けないようなド田舎の地域で、その場ですぐに家を追い出され路頭に迷ったり・・・
※本来オーペアとはお家の家事手伝いをする代わりに家賃と食費が無料で提供され、家族の一員としてホストファミリーと交流を深めようというものです。一部のファミリーにはすごく良くしてもらって今でも連絡を取り合っていますが、一部のファミリーは本当に最悪でした。 滞在できる期間が決まっているので私は3家族ほど経験しました。


ファームジョブでは、収穫期なので急いで来てほしいと採用の連絡をもらったので、当時の居住地から夜行バスで12時間の場所にある所まで行き、住み込みで法外な家賃を払いながらも週6 朝の7時から夜6時まで酷に働きました。
体調を崩し、仕事終わりに病院に通ったりしながらも、なんとか頑張っていましたが、たった3週間で、作物が少なくなったから人員削減だ。との理由でクビにされたり。


過去記事:ワーホリ・留学で1年間26万円する保険料を無料にする最強クレカでも紹介した通り、ロードトリップの途中で財布を盗まれ、現金700 AU$ (当時レートで約7万円)と財布と指輪を失ったり・・・
こんなに嫌なことがたくさんあったのに、それでも 楽しかった思い出が勝るんです。それは、私がワーホリに行く前にきちんと目標計画を立て、それを達成できるように自分で行動をすることが出来たからです。
自分で行動して状況を変えることで、嫌な状況をも吹き飛ばし、ワーホリ生活を楽しむことが出来たのです!

私が行った、無理のない目標計画の仕方と成功の秘訣

では、私が行った目標計画と、それをどうやって達成したかを ご紹介します!


【1やりたいことリストを作る

まず、ワーホリ・留学に行ったらやりたい事を好きなだけリストアップします。なんでもいいんです。「野生のカンガルーを見る」とか「オペラハウスに行く。」とか。
どんなに小さなことでもいいので、とにかく行ったらやってみたいことを文字に起こします。実際に達成できなくてもいいので、あくまでも願望を書きます。どうですか?それだけでワクワクしてきますよね!(´▽`*)
コツは、高すぎる目標を書かないこと。ちょっと頑張ればできそうなことを書くといいですよ。こちらは、実際に私がワーホリ・留学に出る前に作ったやりたいことリストです。

張り切りすぎて少々堅苦しいですが・・・(笑) 実際にたくさんの目標を達成することが出来ました!!
私の1番の目標は、ネイティブスピーカーと自然に会話を出来るようにすることだったので達成できた時はとっても嬉しかったです。

詳しくはこちら↓

過去記事:ワーホリに行っても9割の日本人が英語を話せるようにならない?!
過去記事:渡航前に最低限やっておくべき1日30円の英語の勉強準備はこれだ!
過去記事:文法を覚えたいなら、考えるな!感じろ!最高に感じる方法をあなたへ

過去記事:洋楽上手は英語上手♪あなたの耳を今すぐ英語に慣れさせる3つのこと

重要なのは、目標をきちんと紙に起こして常に目に入るようにしておくこと。そうすることでモチベーションを保つことが出来ますよ!


【2】完璧を目指さない

次に大事なことは、完璧を目指さないこと。せっかく行くんだから、と 高い目標を設定したり完璧を目指すと、必ず挫折します。
なぜなら、海外に行く時点で普段の生活とは かけ離れているので、実感はなくても心身ともにストレスを抱えています。そんな時、自分の期待通りにいかないことが続くと必ずメンタルがやられます。
例えば、英語を話せるようになりたいのに、思うように話せない。会話するのが怖い。仕事が見つからない。友達ができない・・・など。
国も違えば言葉も文化も違う所にふらっとやってきて、何もかもそう簡単にうまくいくわけがないのです。
私も、初めてオーストラリアについた時は不安で胸が押しつぶされそうになりました。初めて来る場所で、右も左もわからない。英語も話せない、知り合いは誰一人いない。今夜泊まる場所も探さないと・・・仕事も早く見つけないと生活できない・・・
そんな不安を抱えながら一人、宿の探し方さえ分からずに街をさまよい続け、薄暗くなってきたころ、横断歩道でつまづいて荷物をぶちまけてしまったときには糸が切れたように泣いてしまいました。
こうやって人は成長していくんだなーと、今になっては とてもいい思い出です。この経験があったからこそ今では一人でいろいろな国へ旅に出かけることが出来るようになったんです!
ですから、完璧を目指さずに失敗はむしろ成長へのステップだと思って気楽に構えましょう。


【3】達成できたら、思いき自分を褒めてあげる!

目標を達成出来たら、どんな小さなことでも自分を褒めてあげましょう!!

いいですか!あなたは今 たった一人で知らない国に来て英語圏で生活してるんですよ。それだけでもすごいことなんです。やりたいと思ってもできない人の方が多いんです!
だから、自分に誇りをもって、少しでも目標を達成したら自分をたくさん褒めてあげましょう
こんな感じで、無理のない目標を達成していくことで自分に自信がついて、ちょっとや そっとの失敗ではへこたれない強いメンタルを作ることが出来ます!(笑)

その結果、どんな嫌なことも、楽しいことで塗り替えられるハッピー思考になれて、ワーホリ・留学を意味あるものに出来ると思います!

せっかく日本を飛び出すのだから、是非皆さんにも、心からワーホリ・留学に行って良かったと思ってもらいたいです(´▽`*)

皆さんのワーホリ・留学生活が充実したものとなりますように★

Opera House @Sydney   Taken By Torippie


海外渡航時の保険料を無料にする方法はこちら→【完全保存版】ワーホリ・留学で年間26万の保険料を無料にする裏技
ホテル・バックパッカーの予約はこちら→【Booking.com】  
航空券の最安値予約はこちら→スカイチケット
予約手順はこちらで→過去記事:海外航空券・ホテルを自分で予約する方法!【驚愕】こんな安いの?!