ワーホリに行っても9割の日本人が英語を話せるようにならない?!

こんにちは!とりっぴーです♪

みなさんは、ワーホリに行くときにどんなことをしたいですか?

今回は、私が1年間ワーホリでオーストラリアへ行ったときに出会った日本人の9割が、ほぼ英語を話せずに帰国していった現状についてお話ししたいと思います!

なぜ日本人はワーホリに行っても英語を話せないのか?


なぜ、日本人はワーホリに行っても英語を話せない状態のまま帰国するのか。それは、英語を話せなくても海外生活が成り立ってしまうからなんです。

というのも、外国へ行っても基本的に、どの都市にも日本人はたくさんいます。そしてジャパニーズレストランや日本人のみのシェアハウスなどもたくさんあり、日本語のみでも生活できてしまう環境が揃っているんです。

そのうえ 英語が全く話せない状態でワーホリに行くと、話せない・スピードが早すぎて理解できない・言いたいことが伝えられない・間違うのが怖いと悪循環になり、英語を使うのが怖くなってしまい、そりゃあもう心が折れてしまうんです。バッキバキに。

私も何度心が折れたことか…



そんな状態が続くと、人ってどうしても自分の楽な道に逃げてしまうんですよね・・・

ワーホリで日本人が陥りがちな、甘い罠

その結果、英語を話せなくても大丈夫な日本食レストランで働き、英語いらずの日本人と快適にシェアハウス生活を送る道を選んでしまうんです。



そして日本人同士で楽しい1年間を過ごし、全く英語を話せないまま帰国する。

そんな日本人を何人も見てきました・・・



楽しいんですよね、それはそれで。外国にいるから、非日常的世界だし、同じワーホリで来ているから自然に仲間意識が出来て、毎日がお祭りのような気分で。



でも せっかく外国に居るんだし、ずっと日本人同士で一緒にいるよりも外国人の友達をたくさん作って、英語で話せるようになって一緒に生活する方がすごく楽しいだろうし、自分の世界や視野が何十倍も開けるようになると思いませんか?!

だから私は 絶対に英語を話せるようになって帰国する!という目標を決めて それを達成できるように自分を追い込んだことで、ワーホリで来ている 周りの日本人の誰よりも英語を話せるようになりました



嬉しかったのは、帰国子女に間違われたこと!

ネイティブスピーカーのおじさんに、外国育ちかい?と聞かれたこと!



その時は、本当に頑張って良かったなって心から思いました。その方法はとってもシンプルで、極力日本人のいない環境で過ごすことです。



これだけで、嫌でも英語を話さなければいけない環境を自分で作ることが出来るんです。だから、仕事もオーペア(現地のお家に住み込みで働く代わりに家賃や食費が無料)を選び、100%英語の環境を作りました。これを最初の3ヶ月間やっただけで英語力が劇的に伸びました



英語しか耳に入らない状況を作ることで、自分の耳が英語に慣れてくれるので言葉をすんなり聞き入れることができるんです。

【詳しくはこちら】過去記事:留学・ワーホリ前にやっておくべき1日30円の英語の勉強はこれだ!

過去記事:洋楽上手は英語上手♪あなたの耳を今すぐ英語に慣れさせる3つのこと



英語って学校で習うようなインプット学習(文法や語彙をただ覚える)だけでは絶対に話せるようにならないんです。だから自分の英語が間違っていても気にせず、とにかくアウトプット(発言)すること。

頭に入れ込んで覚えるだけではなく積極的に英語を使おうと心掛けることで着実に英語を上達させることができるんですよ!!



最初は私も間違うのが怖くて・恥ずかしくて なかなか話せなかったんですが、向こうの人って、つたない英語でも理解しようと試みてくれるし間違っていても絶対に笑ったりバカにしたりしないで、真剣に向き合ってくれるんです。

だから、私も徐々に英語を話すことが怖くなくなっていきました。あの時のオーペアファミリーにはすごく感謝しています。今でもたまに連絡を取り合っていますよ(´▽`*)

英語を話せるようになりたいなら赤ちゃんになれ!

ということで、私が英語を話せるようになる上で1番重要視した事はとにかく単語を覚えること。

ここであなたにイメージして欲しいのが、言葉を話し始めた赤ちゃん。

赤ちゃんって「マンマ たべる」「おみず のむ」の様に1つ1つの単語でしか話せませんよね?



でもお母さんとか、まわりの大人達はその少ない単語から赤ちゃんが何をしたいのか読み取ることが出来るんです。言葉を文章にして話せるようになるのって、もっと成長してからですよね!

実はこれ、英語でも全く同じなんです。英語が全く話せない状態から少しずつ話せるようになるには、とにかく単語を覚えまくることから始まる。文法はその後で大丈夫です!

たくさんの単語が分かれば、相手が言っていることから単語を聞き取ったり、逆に自分が言いたいことを単語を通して相手に伝えることができるんです。



だから、私が一番初めに意識したことは自分を赤ちゃんだと思って単語を出来るだけ多く覚えるってことだったんです。

それだけで、ある程度言いたいことを理解してもらえたり逆に相手の言っていることが少しずつ理解できるようになってくるんです。

詳しくはこちら過去記事:渡航前に最低限やっておくべき1日30円の英語の勉強準備はこれだ!


※ここで注意してほしいのが、単語を覚えるときに、例えばリンゴだったら頭の中で Apple・red・fruitsと思い浮かべること。頭の中で日本語に変換して赤い・フルーツ・リンゴと覚えてしまうといつまでたっても日本語脳のままなので上達に時間がかかってしまうんです。

だから、英語を覚えるときは英語のまま記憶すること。ちょっと難しいと思うんですが、最初は頭の中でもローマ字を思い浮かべる感じでイメージしていけば徐々に慣れてきますよ!

そうやって意識していくことで単語を覚えるのが格段に速くなります!

過去記事:渡航前に最低限やっておくべき1日30円の英語の勉強準備はこれだ!で紹介した勉強法だと、英語のまま頭に入ってくるので単語がスムーズに頭に入ってくる様になりますよ。



私は、この方法を始める前まで英語はただの音のようにしか感じていませんでしたが、これを実行するようになってから自然と英語が頭に入ってくるようになりました。

わからない単語は単語ノートを作って、とにかく全部そこに書いておく。単語と意味を書いておくことで(意味は日本語で書いてOK)次に見たときに、なんとなく頭に残るんです。





私は電子辞書をとにかく どこにでも持ち歩いて、わからない単語はすぐにノートに書いて後で調べていました。

こちらが、私が使用していた電子辞書。


かれこれ15年くらい前に父に買ってもらったもの。古いですが シンプルで、とっても使いやすいです。歴史を感じる・・・(笑)

あの時は電子辞書の電池を何本取り換えただろう・・・本当に、わからない単語が出てきたらとにかく全部 調べまくっていました!

でもそのおかげでたくさんの単語を自然と覚えることが出来ましたよ♪

【まとめ】ワーホリで英語を話せるようになる為に心得るべき事はこれ!





・自分を英語圏の赤ちゃんだと思ってとにかく単語を覚えまくる

・間違ってもいいからアウトプット(発言)する

・わからない単語はすぐに意味を調べる

・日本語に変換して覚えるのではなく、英語のままイメージして覚える→英語脳へ

英語脳のなりかたはこちら→別記事:文法を覚えたいなら、考えるな!感じろ!最高に感じる方法をあなたへ



この4つを意識することで、英語を理解して話せるようになるのが格段に速くなるのでみなさんも是非覚えておいてくださいね!!



ワーホリに行ったら、日本人と友達になる前に電子辞書と友達になろう♥



海外旅行時の保険料を無料にする方法はこちら→【完全保存版】ワーホリ・留学で年間26万の保険料を無料にする裏技

ホテル・バックパッカーの予約はこちら→【Booking.com】  

航空券の最安値予約はこちら→スカイチケット

予約手順はこちらで→過去記事:海外航空券・ホテルを自分で予約する方法!【驚愕】こんな安いの?!


最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
参考になりましたら、
ぽちっとお願い致します★

にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへにほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

いつもクリックありがとうございます(*^^*)

error: Content is protected !!